テーマ:ドラマ

「JIN-仁-」(完結編) 第11回(最終回) 考察

 「JIN-仁-」面白かったですね!第一部から欠かさず全話観てしまいました。一話一話話が濃いし、次週が楽しみになるような出来になってました。  1話観ただけで「なんじゃこりゃ?」と呆れてしまった某大河ドラマとは大違いだ(笑)  で、あちこちブログの感想などをのぞいていたら、意外と誤解を含んだようなものが多いことにちょっと…
トラックバック:12
コメント:1

続きを読むread more

天地人:第23回「愛の兜(かぶと)」

「天地人」は毎回観てますよ。呆れながら^^;  今回は「ボクは大阪に行きたくない!」とちょっとヒッキーくんな殿様を昔共に修行した寺に連れてってなだめることに成功した兼続くんは「グッときた」“愛”の文字を兜につけて、「なんてったって越後愛だぜ!」と旅立つ話でした。メデタシメデタシ。 あほか?  というわけで、いつ…
トラックバック:21
コメント:10

続きを読むread more

あ、安部礼司 : 先輩、え?終わっちゃうっすか?

JFM系の人気ドラマ、「あ、安部礼司~ beyond the average ~」が打ち切りの危機!? J-CASTニュース : 日産が09年度広告費「大ナタ」新聞、雑誌、ラジオはゼロ?の記事中に出版関係者からは、 「テレビのスポットCM以外の、雑誌、新聞、ラジオ広告の出稿はゼロになってしまうと聞いている」という話が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「銭ゲバ」 ‐ ミムラが凄すぎる!

銭ゲバ第6話 | あらすじ 銃殺された譲次(山本圭)に代わって三國造船の社長の座に就いた風太郎(松山ケンイチ)。 有り余る金を手に入れた風太郎は、その使い道が分からずにいた…。 そんな折、風太郎は桃子と瓜二つのホームレス・寛子(奥貫薫=二役)と出会う。 風太郎は、何ひとつ母親孝行が出来なかった埋め合わせをするように、大金を渡すが…
トラックバック:12
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ブラッディ・マンデイ」最終回

 このエントリ書いておいて最終話の感想書かないのもなんだかなーってことでいまさらながらの感想です(^^;  ってか、視聴率が伸びなかったせい?で最終話も拡大なしの放送時間だったこともあってか、随分もあっさりまとめてしまいましたね。10話までストーリー的にかなり盛り上がっていたのでちょっと拍子抜けだったかも?  中盤、藤丸が早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ブラッディ・マンデイ」いよいよ次回最終回

コレ最初から見なかった人、途中でやめた人、勿体ないっすよ。視聴率が高くないながらも安定してるんで、固定ファンはしっかり付いてるってことですね。  浅田真央ちゃんをリアルで見た人も録画してたんでは♪  ネット等でネタバレ情報はある程度仕入れているので、原作のKが誰かはわかっていたんですが、あそこまで引っ張って引っ張ってどん…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ブラッディ・マンデイ」第7話を見終えて。折原マヤが妖しい!

 おぢさんとしては、毎回その登場が楽しみな折原マヤ@吉瀬美智子さん。今回はちょっと髪型も変えてワイルドないでたちで登場。 とっても怪しいです・・・というか怪しい。  ここまで見てきて彼女の行動がどうも怪しく思えて来ました。  彼女は本当にテロリストの仲間なのか?  高木藤丸や加納生馬を殺すチャンスがあって…
トラックバック:9
コメント:0

続きを読むread more

ドラマ「ブラッディ・マンデイ」第3話

タイトルが「裏切り者は誰だ!? 味方に潜む敵の影!! テロ首謀者・現る」ってやたら長い。まぁ、初回のタイトルなんて「日本最後の日! 1人の命か!? 1000万人の命か!?最凶ウイルステロの陰謀と伝説の天才ハッカーの闘いがいよいよ今夜はじまる!!」なんて超長かったから、まだ可愛い方か?(笑)  家族に付き合って初回から何気に観てまし…
トラックバック:14
コメント:0

続きを読むread more

「容疑者Xの献身」に破綻や矛盾はあるか?

 映画「容疑者Xの献身」に限らず、ネット上で作品の批判をする人って結構「破綻している」とか「矛盾している」という言葉を使う人が多いよね?  「マクロスF」そうだったなぁ・・・。  でも、そういうのって、実は「矛盾」とか「破綻」と書いている人の思考が破綻している方が多い。どうも安易に「破綻」や「矛盾」という言葉を使い過ぎている…
トラックバック:2
コメント:7

続きを読むread more

映画「容疑者Xの献身」ガリレオは登場するが...

 やはり見に行ってしまいました。TVの福山雅治演じる「ガリレオ」のファンになって観に行きたいという娘に息子も観たいと言い出して、結局家内も入れて体育の日に家族全員で映画館へ。  昼前の第2回を観に行こうと思ったら事前予約では4席を並びで取れないくらいの盛況ぶりで、早起きして午前9時前の初回上映に。  映画の方はレギュラー…
トラックバック:32
コメント:0

続きを読むread more

ガリレオφ

 遅ればせながら感想など。  映画「容疑者Xの献身」の公開日のTVスペシャル。視聴率は20%超を記録したようです。  内容的には、近日刊行の「ガリレオの苦悩」に収録された「操縦る」と「落下る」。雑誌に掲載されたようですが、どちらもまだ読んでません。  というわけで、今回は基本的にネタバレなしです(笑)  2時間スペシ…
トラックバック:6
コメント:9

続きを読むread more

ドラマ『おせん』終わった。

 色んな意味で終わったドラマ。つーか、ずいぶんと原作を陵辱して台無しにして終わってくれた。最終話はドラマとしても問題投げっぱなしで回収なし。  蒼井優見たさに見てましたけどね。途中から(というか最初から?)ストレスがたまるドラマでした。見なきゃいいんだけど(つーか、中盤あたりからTVチラ見状態だったけど)、蒼井優が好きだし、コミッ…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

「おせん」惚れました!

 TVドラマ「おせん」(日本テレビ系火曜22時)第壱話を観ました。  わっちはふにゃふにゃした優さんにもうメロメロでやんすぅ~(^ワ^;)  さて、そのストーリーは・・・何だっけ?(爆)  って、なんかもう蒼井優ちゃんの演技に魅入っているだけで終わったような。なんかエラ張ったおばさんも出てましたが(笑)  でも、火曜日の…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【映画】紀元前1万年 ‐ ツッコミどころ満載!!

 日本ではGW公開、全米では3月7日公開の(多分)話題作“10,000B.C.”(邦題:紀元前1万年)をHollywood Theatersで観て来ました。  封切り翌日なのにチケットは通常$8が1回目上映の“Early Show”割引(午後1時なのに)で半額の$4。さすがアメリカは映画の国です。さらに「テンサウザンドビーシー」っ…
トラックバック:24
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】萌えそうでコケそうなハチクロ

なるみりこ入りで・・・ぢゃなくて鳴り物入りで始まった「ハチミツとクローバー」の第1回を見ました!  「ハチミツとクローバー」はこれまで映画化とアニメ化されていて、私はその両方を観てます。アニメ版は全36+2話をDVDで視聴しました。映画版は蒼井優演じる花本はぐみが良かった以外は正直コケ映画だと思ってますが、アニメはかなりの良作です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【映画】転々

 時効警察の三木聡監督とオダギリジョーが組んだ映画作品。ってことでその雰囲気はわざわざ説明するまでもないか?(笑)  「時効警察」はもちろん、「亀は意外と速く泳ぐ」もかなり面白かったので、観に行ってきました。  映画館はアミューズCQN(渋谷)。都内では、他にテアトル新宿の2館で上映。結構少ない。  実は「亀速」は映画…
トラックバック:14
コメント:2

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第七章「予知る(しる)」

 前回、マキマキに会えなかったましゃ、その反動(笑)で今回は恭子りんとの2ショットまでありましたよぉ~。良かったねぇ~、ましゃ。 にしても、CMも恭子りんだらけな1時間でした(^ワ^)  化粧品メーカーがスポンサーについているせいか、ちょっと厚化粧過ぎな気がするのは私の気のせい?「神様、もう少しだけ」のころの薄化粧な恭子りん…
トラックバック:17
コメント:4

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第六章「夢想る(ゆめみる)」

 今回はゲストに手塚理美と堀北真希が登場!  「花ざかりの~」はほとんど見ていないので、私にとってホマキちゃんと言えば「野ブタ。」と「クロサギ」。今見返しても「野ブタ。」のホマキは良い演技してるね~。両作品とも山Pは最初は違和感バリバリなんだけど、だんだん雰囲気に馴染んでいく。ホマキの方がドラマの世界観を作って巧くリードしてい…
トラックバック:17
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第五章「絞殺る(しめる)」

 満を持して?の大後寿々花ちゃん登場。しかもセーラー服。王道だ(謎)。ちなみに私の娘と同い年だったりする。筆者がロリコンでないことは一応?宣言しておくが、娘の中学校はセーラー服ではない(ぉ  大後寿々花と言えば、やっぱりセクシーボイスアンドロボの“ニコ”なのだ。やっぱりと言いつつ、視聴率は「ハタチの恋人」並みに(爆)低かった番組な…
トラックバック:16
コメント:4

続きを読むread more

【ドラマ】「ハチミツとクローバー」がTVドラマ化!

 個人的には映画版はかな~り微妙だった「ハチクロ」が来年1月8日からフジテレビ火曜午後9時枠でドラマ化だそうです。 「ハチクロ」ドラマ化!成海璃子が“飛び級”女子大生に挑戦  同じくフジテレビが製作したアニメ版はかな~り面白かったんで、ドラマ的には今度は期待できるかなとは思うんですが、花本はぐみ(はぐちゃん)役が成海璃子!?…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第四章「壊死る(くさる)」

 今回は殺人トリックは原作の「壊死る(くさる)」と同一なものの、設定はまったくのオリジナル。なぜオリジナル設定にしたのかは簡単に想像できます。原作の凶器が比較的入手しやすいので模倣犯が出てくることを危惧したんでしょう。  というわけで、今回は原作に捉われずに楽しめました…けどね...(笑)  脇が甘いぞフジテレビ(爆) …
トラックバック:33
コメント:2

続きを読むread more

【映画】ニライカナイからの手紙

 “直球勝負”の佳作。  この映画、ストーリーの複雑さとか、意外性とか、ひねりなどを求める人にはお薦めできない。って、いきなり「お薦めできない」って書いてどうする?<自分(苦笑)  多分、その部分でこの映画の評価は二分される。ネットでレビューを読むと評価がかなり両極端な気がする。この映画に作為を感じる人はきっといつも…
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第三章「騒霊ぐ(さわぐ)」

 話の運び方はかなり原作に忠実。ただ、霊安室から研究室のくだりはドラマオリジナル。  例によってうちのかみさんは、夫婦と借金取りの関係から弥生の夫が殺されて畳の下に遺体があるところまでは途中でわかっていた。  メインは犯人探しではないから、その部分がわかっていてもドラマ的には問題ない。しかしこの事件の場合、肝心のポルターガイ…
トラックバック:33
コメント:0

続きを読むread more

【映画】サマータイムマシーン・ブルース

蒼井優ちゃん出てませんが、何か?(笑) って、上野樹里ちゃんが自然体な好演で出てますので、無問題です(爆) とても自然体には見えない(笑)  劇団ヨーロッパ企画の戯曲を「踊る大捜査線シリーズ」の本広克行監督が映画化。  って、これ劇場映画じゃないでしょ?劇場映画として成立しないでしょ? と言いたくなる作品。…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】過去からの日記

 「世にも奇妙な物語」で2004年の秋に放送されたものです。非常に人気が高く、動画投稿サイトではフジテレビの削除要請で消される度に復活するということを繰り返しているようです。  というわけで、暇だったので消されても内容がわかるように文章に起こしてみました。 「過去からの日記」  新刊書の中扉に“山岡貴志”とサインを…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ 第二章「離脱る(ぬける)」

 日曜日の「福山雅治のSUZUKI Talking F.M. 」期待どおり笑わせてもらいました。視聴者の感想(というか反応)があまりに期待どおりなのがおかしい!!  というわけで、第二章も観ました。前回よりはかなり原作に忠実です。オープニングは見事に原作を再現してました。  ただし、原作は犯人‐容疑者‐被害者がちゃんとつなが…
トラックバック:29
コメント:2

続きを読むread more

【映画】変身:蒼井優ファンのみおすすめ?

 東野圭吾のベストセラーミステリーを映画化。公開は2005年、「男たちの大和/YAMATO」とほぼ同時期。まったく話題になった記憶がない(笑)  映画を評価するとなると、かなり微妙。点数を付けると平均以下しか付けられないかも知れない。特に原作を読んだことがある人が期待して見ると、かな~り落胆することになるだろう。  とに…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】ガリレオ

 最近「福山雅治のSUZUKI Talking F.M. 」を聞いてないんで(ちなみにかみさんが大好き)、いったいどういう楽屋裏話があるのか今度聞いて見よう。  つーか、ましゃが澄ました顔で演技しているだけで、何故か可笑しくなってしまうんですが(笑)。共演者が気心の知れた唐沢寿明だけに、楽屋裏話の方が気になってしまった^^; …
トラックバック:33
コメント:2

続きを読むread more

【映画】花とアリス:真面目にレビュー

 見直していて、実はこの映画は凄い映画だなと思い、きちんとレビューしてみました。というわけで、先日書いたものとはあえて別エントリにしました。  この映画で蒼井優は2パターンの演技を繰り返している。ひとつは素のアリス。もうひとつは演技をしているアリス。“演技をしている”アリスというのはオーディションでの演技ということではなく、「自分…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【ドラマ】ULTRASEVEN X

 大人の鑑賞に堪えうる特撮ドラマとして深夜枠で放送開始された「ウルトラセブンX」、2話まで視聴しました。  ウルトラセブンの本放送をリアルタイムで見た世代としては「これが見たかったセブンか?」という気が...。  舞台となっている近未来の世界観って、もろに映画「ブレードランナー」のそれだろう。  ブレードランナーの舞台は2…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more