映画「ゴールデンスランバー」感想

映画化された時に原作読みたいなと思いつつ、文庫化されるのを待っていて、文庫化されたのを読んでからDVDで映画を観ました。
監督:中村義洋
出演:堺雅人(青柳雅春)、竹内結子(樋口晴子)、吉岡秀隆(森田森吾)、劇団ひとり(小野一夫)、香川照之(佐々木一太郎)
2010年日本
配給:東宝
あらすじ:凱旋(がいせん)パレード中に首相が暗殺された仙台、宅配ドライバーの青柳(堺雅人)は、久々に再会した旧友の謎の言葉を聞いた直後、警官から突然銃を向けられる。訳もわからず逃げ出した彼は、身に覚えのない証拠と見えない力によって無実の首相暗殺犯に仕立てられていく。絶体絶命の中、青柳は大学時代の仲間たちに助けられながら逃亡を続けるが……。(Yahoo!映画)
公式サイト:ゴールデンスランバー

全体的な感想は同監督の作品「ジェネラル・ルージュの凱旋」の感想同様、“原作のエッセンスをきちんと尊重した上で判りやすく映画化しているので、原作ファンでも不満がない出来になっていると思います”


 【以下盛大にネタバレ】


 原作と大きく相違(簡略化)がある部分は、まず暗殺される首相が「野党初」という表現になっていること、原作は「首相公選制で選ばれた野党初の首相」となっています。これは、国会で選ばれた首相程度では凱旋パレードなんか実施されないからでしょう。

 そして、仙台市内中に“セキュリティポッド”が設置されているという設定。このセキュリティポッドは監視カメラ以外にも、携帯電話等の電波を捕捉することもできるらしいのだけど、映画の中では一般の監視カメラ映像ということになってます。

 ちなみに、原作中では主要な登場人物である通り魔殺人犯“キルオ”の犯行を理由にポッドが設置されたという記述があります。これ、秋葉原の監視カメラ設置を想起させますね。

 そういう意味で、原作を読みながら「これは、近未来あるいはパラレルワールドを舞台とした“SF”かな?」と解釈してました。

 実際、映画でも丸腰の人間にいきなり拳銃をぶっ放すおまわりさんが出てくるし、さらにショットガンをぶっぱなす刑事も。しかもその刑事は躊躇なくおまわりさん撃つし^^;

 しかも、真犯人捜しは一切なし。

 Yahoo!映画等のユーザーレビューで評価を低くしてる人はそんなところが不満だったようです。

 ただ、ショットガンぶっ放すのが不満なら西部警察はどうなのよと(笑)
 真犯人が謎のままなのが不満って、こんな話で「真犯人は誰でした」て言われた方が興ざめな気が^^;

 ある意味、犯人なんて最初からわかってるわけだし。

 そもそも原作からして社会派ドラマでもなく、リアリティを求めているわけではなく、巨大な権力に追われる一般人の逃亡劇というエンターテイメントですからね。

 そういう批評ってわざわざディズニーランドに行って「夢と魔法の国なんて存在しない」って同行者に力説するのと同じな気がする(笑)
 私なんてミーハーですから、作り手の意図に乗っかって楽しんでしまいました(爆)


 演出的に面白かったのは、冒頭とラストが繋がっている部分。原作も回想シーンを除いても、登場人物の視点が変わるたびに時系列が前後するという作りになっているけれど、映画は「そう来たか!」という感じ。
画像

 冒頭を漫然と見ていると見逃しそうなんだけど、エレベーターに乗り込んだ竹内結子が明らかに動揺しているんですよね。そしてエレベーターを降りてから手を繋いでいる娘に何か話しかけ、何気なく夫役の大森南朋の少し後ろを歩いている時は確かに娘の手を引いてない…。巧いなぁ!

って、なぜエレベーターに乗っていた男が同じ階で降りるとわかったんだ?竹内結子がエレベーターに乗り込んでからわざわざ降りる階のボタンを押してるってことは、男はボタンを押さないままで乗っていた?

・・・考えるのやめよう^^;

つーか、本当は竹内結子が乗り込んできた階で降りようと思っていたのかも?^^;


 それからクライマックスの描写は映画ならではの演出ですね!そう来るとわかっていても、なかなか見ごたえありました!

 斉藤和義が歌う「Golden Slumber」をバックに夜空を彩る花火!怪我を負いながら「行け、青柳屋」と呟く竹内結子さんが良かった(^ワ^)

で、あの小鳩沢はどうなったんだ?重傷でも負っていたら竹内結子は牢獄行きだったろうから、あれだけ吹っ飛ばされても大した怪我はなかったってことか。


 ビックリした!!(^-^;)


 個人的には整形した者同士(笑)、凛香と仲良く暮らすというラストもありかなと思ったけれど、映画の凛香はまだ引退してませんでしたね。
画像

 “アイドル”という役を考えたら「凛香と小梅の女優を入れ替えた方が」とふと思ったのは内緒です(笑)。あ、演技的に無理か?^^;

 全編139分ってことで、普通なら「あと20分削れよ」とか思うんだけど、後半の盛り上がりで飽きずに楽しめました。中村義洋監督の他の作品も借りてみよう。


ゴールデンスランバー (新潮文庫)
新潮社
伊坂 幸太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンスランバー (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴールデンスランバー [DVD]
アミューズソフトエンタテインメント
2010-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンスランバー [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ゴールデンスランバー [Blu-ray]
アミューズソフトエンタテインメント
2010-08-06

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ゴールデンスランバー [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"映画「ゴールデンスランバー」感想" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント