【保険スクエアbang!】見積もりしてみました

[シェアブログarisa6921に投稿]
 愛車ストリームの任意保険が満期になるので、ディーラーに行って契約条件の見直しをして来ました。現在加入しているのは、インターネットで契約したもの。

 担当の営業マンくんが保険関係の資格を持っているので、ひとつひとつ補償内容について聞いて要不要を確認。

 説明を聞いていると、身の回り品保険とか、搭乗者障害保険(部位・症状別払)とか、実際に使うケースがほとんどないものや他の補償で対応できるものも。

 「それじゃあ、この条件で見積もりしてみましょう」ということで、営業マンくんはパソコンで保険料試算。その間に私はコーヒー飲みながら雑誌を読み、一緒に来た息子はもらったコイン5枚使ってUFOキャッチャーでぬいぐるみを2つゲット(笑)。どうやら息子はコイン2枚で1コは取れるらしい。

 しばらくして戻ってきた営業マンくん、浮かない顔。
「うーん、ネット保険にはかなわいなぁ。1万円高くなりますよ・・・」

 もう一度条件の詳細を見直しして見ますという営業マンくんに「じゃあ、さっきの条件でネットでも見積もりしてみますね」と言ってディーラーを後にしました。

 結局、保険内容の精査してもらって、コーヒー飲んで、息子にぬいぐるみ2つもらって帰って来ました(笑)

 ホンダの営業マンくん、本当にいつもいやな顔せず、一生懸命やってくれます。

 というわけで、帰宅してネットで保険料試算をやってみました。
 1社1社やるのは面倒なので、一度に複数の保険会社で試算ができる保険スクエアbang! 自動車保険一括見積もりサービスを利用。

 どうしても、最初は詳しく入力する必要があるけれど、当然ながら正確に入力した方が正しい試算ができるので、あせらず入力。

 車の情報>保険の情報>人の情報>希望補償内容 と入力して確認して終了。

 1度の入力で三井ダイレクト、チューリッヒ、アメリカンホーム・ダイレクト、セコム損保、ソニー損保、全労済、ゼネラリ、あいおい損保、そんぽ24、以上9社の合見積もりができました。そのうち6社はすぐに回答がありました。

 各社の見積もりはウェブサイトで一覧で比較でき、PDFにも保存できるので便利です。

 いま来ている6社の中ではチューリッヒが最安値、三井ダイレクト、アメリカンホームダイレクトが僅差という結果。

 保険スクエアbang! 自動車保険一括見積もりサービスには、「保険料徹底比較」や「特約補償プラン比較」というコンテンツもあって、それぞれの違いをもう一度検証して、どこの保険会社と契約するか決めたいと思います。

 ネットでの保険料試算って、各社いちいち入力する必要があるし、それぞれ微妙に表現が違ったりするので、こういう比較見積もりサイトは本当に便利ですね!

 って、結果を営業マンくんにも送って「勉強」してもらおう(笑)。
 ※ホンダCars前橋で、とても真摯に対応してくれる良い営業マンです。

人気blogランキングへ

Honda Style (ホンダ スタイル) 2007年 03月号 [雑誌]

"【保険スクエアbang!】見積もりしてみました" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント