なにそれこわい

こわくて仕事中に読めない←読むなっ!!

多分、これがオリジナル
店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」
ぼく「えっ」
店員「当店のポイントカードはお餅ですか」
ぼく「いえしりません」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「まだお餅になってないということでしょうか」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「変化するってことですか」
店員「なにがですか」
ぼく「カードが」
店員「ああ使い続けていただければランクがあがって
    カードが変わりますよ」
ぼく「そうなんだすごい」
店員「ではお作りいたしましょうか無料ですよ」
ぼく「くさったりしませんか」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「ああ期限のことなら最後に使ってから一年間使わないときれます」
ぼく「なにそれこわい」
店員「ちょくちょく来ていただければ無期限と同じですよ」
ぼく「なにそれもこわい」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
 普通にあり得ない会話な気はする?^^;

ファミレス
店員「ポイントカードはお餅ですか」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
店員「・・・お作り致しましょうか?」
ぼく「でも今お腹いっぱいです」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
店員「一年間有効ですから」
ぼく「ああ真空パックなんですね」
店員「えっ」
ぼく「えっ」
 いや、これは普通レジでの会話だから(笑)

 これは、凄い!
警官「寄生虫なので、できれば引き返して最初の信号を右に行って下さい」
ぼく「えっ」
警官「寄生虫ですから、引き返してください」
ぼく「なにそれひどい」
警官「えっ」
ぼく「ぼくが寄生虫ってことですか」
警官「寄生してるのは警察ですよ。寄生してるので重体なんです」
ぼく「えっ」
警官「えっ」
ぼく「だれが重体ですか」
警官「誰というか、まぁここを通った人全員ですかね」
ぼく「あなたも僕に寄生しますか」
警官「えーとね、あのですね、この先でトラックが横転して
   積荷が産卵したんですよ」
ぼく「えっ」
警官「つまり事故ですね」
ぼく「何が産卵したんですか」
警官「精肉業者のトラックで、冷凍された肉が産卵したみたいです」
ぼく「なにそれやばい」
警官「ええ」
ぼく「重体の人は大丈夫ですか」
警官「えっと、まぁ寄生虫とはいえゆっくりと動いてはいますから」
ぼく「なにそれこわい」
警官「えっ」
ぼく「えっ」
警官「とにかく、先ほどから警察が現場の方で超刺してますから」
ぼく「なにそれもこわい」
警官「えっ」
ぼく「えっ」
 よくもまぁ、ここまで考えたもんだ^^;

これはかなり好きだ。たぶんぼたんさんも^^;
友達「あんたさ、彼女餅だったっけ」
おれ「えっ」
友達「わたしとつきあってみない」
おれ「なにそれこわい」
友達「えっ」
おれ「つかれるとか痛そう」
友達「えっ」
おれ「えっ」
友達「わたしといるのって疲れる・・かな」
おれ「そんなことないです」
友達「じゃあどうしてよ」
おれ「わかりましたよ、つき合ってもいいです」
友達「本当?うれしい」
おれ「あとで食べさせてくれるんですか」
友達「えっ」
おれ「つき合うだけなんですか」
友達「えっ」
おれ「えっ」
友達「いいけど・・・すぐには心の準備が・・」
おれ「すぐにじゃないと固くなりますよ」
友達「えっ」
おれ「えっ」


さらに下ネタ^^;
係員「水着は検査にご協力ください」
ぼく「えっ」
係員「インフルエンザの水着は対策を現在実施しております」
ぼく「水着着ていなければ関係ありませんか」
係員「えっ」
ぼく「えっ」
係員「どちらからお戻りですか」
ぼく「メキシコです」
係員「では水着は検査の対象となります」
ぼく「ビーチに行ったので一応もってますけどね」
係員「えっ」
ぼく「ここで着替えないといけませんか」
係員「検査は麺棒で粘膜をこするだけです」
ぼく「なにそれこわい」
係員「えっ」
ぼく「ああだから水着に着替えるんですね」
係員「えっ」
ぼく「麺棒とか太くて痛そう」
係員「痛くはないと思いますが」
ぼく「慣れてるんですか」
係員「それは仕事ですから」
ぼく「やさしくしてね」
係員「えっ」
ぼく「えっ」


もっと下品な下ネタ^^;
課長「高橋の奴、トイレ行ったまま戻ってこないな。 あいつ極度のあがり症だからな」
俺「そうっすね。もううちの社のプレゼンの番ですよね」
課長「君さ、高橋の代わりに代弁してくれない?」
俺「俺が大便するんですか?」
課長「うん、君なら大勢の前でも気にしないだろ?」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「こんな所でいくらなんでもまずいんじゃないですか?」
課長「大丈夫だよ。自信を持って強烈なの頼むよ」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「後ろ向いてやるんですか?」
課長「ばか、前向いてやるに決まってんだろ。」
俺「前とか隠していいんですよね?」
課長「えっ」
俺「えっ」
課長「俺が後ろで最後までしっかりと見届けるから」
俺「えっ」
課長「えっ」
俺「じゃあ、課長拭いてくださいね」
課長「えっ」
俺「えっ」


ちょっと可愛くて好き^^;
医者「ウィルス検査の結果、あなたは妖精です」
患者「えっ」
医者「非常に残念です」
患者「私が妖精なんですか?」
医者「はい」
患者「びっくりだけど・・・嬉しいかも」
医者「えっ」
患者「えっ」
医者「皆にうつらないように、人と接するのを避けてください」
患者「他人の目に映っちゃだめなんですか?」
医者「目というより、体ですね」
患者「乗り移るってことですか」
医者「はい」
患者「妖精が」
医者「まあそうです」
患者「妖精が増えますね」
医者「はやく全滅させたいんですけどね」
患者「えっ」
医者「えっ」
患者「殺すんですか」
医者「世界中に広がってますから」
患者「この殺人鬼」
医者「えっ」
患者「えっ」
医者「まぁだいたいこのクスリ飲めば自然に死んでいくんですけどね」
患者「なにそれこわい」


で、これがオチか!?
店員「当店のポイントカードはお餅でしょうか」
ぼく「えっ」
店員「当店のポイントカードはお餅ですか」
ぼく「いえしりません」
店員「今週からお餅になったんです」
ぼく「えっ」
店員「もうお餅になったんですよ」
ぼく「えっ」
店員「えっ」
ぼく「変化したってことですか」
店員「なにがですか」
ぼく「カードが」
店員「ええもう完全にお餅です。菱餅や鏡餅もご用意しております」
ぼく「そうなんだすごい」
店員「ではお作りいたしましょうか有料ですが」
ぼく「くさったりしませんか」
店員「しますよ」
ぼく「えっ」
店員「ああ期限のことなら一週間で使わないと腐ります」
ぼく「なにそれ困る」
店員「ちょくちょく来ていただいても同じです」
ぼく「なにそれも困る」
店員「お客様のせいですよ」
ぼく「えっ」



2ちゃんねるコンドーム
不二ラテックス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



2チャンネルPCスピーカー☆USB電源対応☆
有限会社 アンシャンテ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



僕が2ちゃんねるを捨てた理由 (扶桑社新書 54)
扶桑社
ひろゆき

ユーザレビュー:
“2ちゃん元管理人” ...
面白いが題名が。。。 ...
さすがだねえ本人の人 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

2009年06月25日 20:38
くそっ!!
何故だか呼ばれた気がした
自分の嗅覚が恐ろしいワイ・・・
2009年06月25日 23:18
やっぱりぼたん姐さんは素晴らしい嗅覚をお餅です。

えっ?(^^;
2009年06月25日 23:25
ライナーさん>
ぼたんさんが釣れたのは収穫ですね。

えっ?(^^;
2009年06月27日 08:10
パソコンが入院中なんで、奥さんのパソコンをこっそり使ってみてるのに、笑ってしまったじゃないですか!
責任、取ってください。

この記事へのトラックバック