CASIO G'zOne W62CA

G'zOneの全容がだんだんわかって来ました。

製品情報(KDDI)
http://www.au.kddi.com/seihin/ichiran/cdma1x_win/w62ca/
製品情報(カシオ計算機)
http://k-tai.casio.jp/products/w62ca/
特設サイト
http://gzone.jp/


関連記事

センサーを強化したタフネスモデル「G’zOne W62CA」(インプレス)

「G'zOne W62CA」開発者インタビュー スリムで高機能に生まれ変わったG'zOne(インプレス)

KDDI、2年ぶりの耐衝撃携帯「G'zOne W62CA」を発表 - 2cm切る薄型化を実現(マイコミジャーナル)

 

関連動画

「G'zOne W62CA」を水中に

 

w62ca_b_01  ワンセグ機能を起動したGz'Oneを水槽に漬けて、そのまま表示方向を変更してますね。
 防水機能は完璧なようです。お風呂でテレビを見るなんてナンパな使い方くらいは全然問題ないってことですね^^;

 2軸式ではないので、ワンセグが見づらいという意見もあるようですが、普段は携帯でワンセグを見ないし、私の場合はやたらと物を落っことすので(EM・ONEもすでに一度落っことしてキズモノに・・・機能的には大丈夫ですが^^;)、丈夫で日常の携帯に邪魔にならないのが一番です。

 邪魔にならないと言えば、厚さも20mmを切ってますが、写真を見る限りは先代と異なりフラットな形状になっているようです。ヘビーデューティ用とは言え、当然ながら日常でも使用するものなので、強度が確保できているなら、このスリムさは嬉しいです。

 後は、冬のアウトドアで手袋をしたままボタンを押せるかとか、そういう使い勝手が気になります。私の場合、少なくとも軍手をしたまま携帯をいじることは日常茶飯事です(笑)

 これは現物を触ってみないと何とも言えませんが。

 後は外で作業しながら携帯を使うので、Bluetoothヘッドフォンが使えるのもポイント高いですね。
 結論から言うとかなり欲しいっ!W62SHよりこちらに興味が行ってます。

 気になるのはやはり価格設定。もともとPROTREKが欲しいと思っていたので、多少高くても購入しようかとは思ってますが、できれば機種変更フルサポートコースで3万円台にして欲しいです。

 

 






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック