【ドラマ】ガリレオ 第五章「絞殺る(しめる)」

 満を持して?の大後寿々花ちゃん登場。しかもセーラー服。王道だ(謎)。ちなみに私の娘と同い年だったりする。筆者がロリコンでないことは一応?宣言しておくが、娘の中学校はセーラー服ではない(ぉ

 大後寿々花と言えば、やっぱりセクシーボイスアンドロボの“ニコ”なのだ。やっぱりと言いつつ、視聴率は「ハタチの恋人」並みに(爆)低かった番組なので、“ニコ”としてのお茶の間の認知度はそれほど高くないかも知れない。

 一方で高視聴率番組だった「Dr.コトー診療所」では島民の女の子としてちょこちょこ顔を出してるし、「ごくせん」ではヤンクミの子供時代を演じていたりするのだが、それでもやっぱり大後寿々花はニコなのだ。

 木皿泉がニコ(二湖)だから姉は一海に違いないと原作に出てこない姉を作ったのはこの際どうでも良いし、だったら3人目が生まれたら三池かよってツッコミをしてもしょうがないし、両親が塚本晋也と片桐はいりというトンデモナイ配役だったことは記憶にとどめる必要がない。

 個人的に一番好きなエピソードはりょうがゲスト出演した“Voice 6 ZI”だったりするのだが。
「花屋じゃないよね?」が最高(笑)

って、何の話だっけ?

 まぁ、日曜午後9時で明石家さんま+長澤まさみの視聴率7%と、火曜午後10時で松山ケンイチ+大後寿々花の7%は背負った罪の重さは全く違うと言っても過言ではないかも知れないのだ。

 というわけで(え?)、ガリレオもついに第五話。折り返し点に到達である。

 実はこの日、会社の最寄駅の駅前の本屋で「クワイエットルームにようこそ」の文庫本を発見し、電車の中で読みながら帰宅した。そしてガリレオを観て、ベッドの中で「クワイエットルーム~」の残りを読んで寝たら、私のただでさえ記憶容量に限界がある脳みそに二つの情報が混信状態で記憶されてしまった。

 夢の中で大竹しのぶが水野美紀に「生きるってね、すごーく重いことなのよお!でへぇへぇえ!!」って説教していた(爆)

 ま、意味合い的には間違ってはないな^^;

 そう簡単にあっちの世界へ逝ってはいけないのだ。あそこまで大がかりな自殺のアイデアを考えるだけの頭脳があるなら、その発想をもっと家族で生きていく方法に向けた方が良かっただろう?
 とは言っても、推理小説的にはあっちの世界で誰も行かないことには話が始まらないというのは確かにあるが。

 さて、青白きインテリさんがこの回のレビューの中
 この作家の作風なのかも知れないが、少なくともこのガリレオシリーズにおいては、まず湯川が謎解きをするためのトリックが最初に考え出され、そこにまるで添え物のようにストーリーが付け足される、といった形で創作活動がなされているのではないか。だから殺人が起こったとして、そこにいたる人間の感情や動機は極めて淡白にしか描かれない。そう、まるで犯罪がどうやって為されたか、ということにしか興味がない湯川のように。
と指摘されているが、まさにそのとおりだろう。

 私が読んだ他の作品においても、最初にラストのアイデアがあって、それに向けて予定調和的に話が進む傾向は強いと感じる。ただし、人間ドラマの描写が苦手なのではなく、ガリレオシリーズがもともと怪現象に思えるトリックを科学的に解明する短編小説という形で書かれているからだろう。実際「容疑者χの献身」はトリックよりも登場人物の心理に重きを置いて書かれている感じがする(この作品は「本格推理小説ではない」という議論が文壇であったらしい)。

画像 だから、このドラマでは短編小説を再現するだけなら一時間持たないと思える作品に如何に人間ドラマを盛り込むかが、演出・脚本の腕の見せ所だろう。そこで今回は「天才子役」大後寿々花の登場となった。

 原作との設定の違いは、容疑者宅がペンションではなく小さな町工場だったことくらい。そして原作は湯川の推理までで話が終わる。

 それから、原作の妻が限りなく共犯に近いのもテレビとは異なっている。テレビドラマでは妻のアリバイを長野県と都内の距離で証明したが、原作は「犯行時刻」に妻が買い物をしたり喫茶店に入ってレシートを残していることでアリバイが成立する。普通の主婦なら自宅にいる時間が長いのでなかなか完璧なアリバイというのは証明できないかも知れないので、テレビドラマの移動時間でアリバイを証明する方が自然だ。原作は妻が夫の行動に勘付いて意識的に外出してアリバイを作っているが、これだと保険金詐欺容疑が掛けられる可能性があるだろう。

 それに夫が自殺しそうだと感づいて自主的にアリバイ作りをするというのはストーリーとしてはちょっと感心しない。普通は徒労に終わるとしても自殺を思いとどまらせるような努力をするだろう?

 ただ、じゃあ貴子(水野美紀)が「まったく何も知りませんでした。」では何の捻りもないわけで、その捻りを入れたというか捻くれた秋穗(大後寿々花)中心のドラマにしたところは今回ドラマ的に成功したと言えるだろう。

 長野在住の中学生、秋穗が簡単に一人で東京まで出てくるという設定はちょっと気になったけどね(笑)

 大後寿々花。さすがは既にハリウッドデビューを済ましている「天才子役」。今回は大後寿々花に始まって大後寿々花に終わった。その存在感だけで他の出演者をみーんな食っていた。恐るべし、大後寿々花。
 将来どこまでその才能を伸ばすか大いに楽しみだ。



 さて、来週は堀北真紀がゲストで「夢想る(ゆめみる)」、再来週は深田恭子で「予知る(しる)」と続く。原作の「予知る」は「予知夢」の中では一番面白いと思った話だが、これに深田恭子が出演するってことはもしかしてあの役???ええ~っ!?って感じだ(爆)

 そして第八章が、「探偵ガリレオ」と「予知夢」を通じで一番面白いと思った「転写る(うつる)」(これの実験をテレビでちゃんと再現したら凄いぞ)、第九章は「霊視る(みえる)」(これは純粋にトリックなんだが・・・)、第十章(最終回?)がド派手な「爆ぜる(はぜる)」(これもテレビで再現したら凄い)と続く。

 「転写る(うつる)」と「爆ぜる(はぜる)」は楽しみだ~!
 来週のホマキのセーラー服も楽しみだけど(ぉ



探偵ガリレオ (文春文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年11月15日 07:37
来週のホマキのセーラー服も楽しみだけど<ロリコンではないかもしれませんが、セーラー服フェチ?(爆)
2007年11月15日 09:25
クルトンパパさん>
セーラー服は全然関係ないっす(笑)
ホマキちゃんは「ノブタ。をプロデュース」の怪演技ですっかりファンになりました。美少女系アイドル女優みたいに言われながらしっかり最後まで変人を演じてましたからね。彼女も将来が楽しみです。
2007年11月15日 10:26
私の拙い文章を引用してくださって、感激しています。ありがとうございます。
でもよく考えたら、東野圭吾に限らず、推理小説って少なからずこういうプロセスで創作されるものなんでしょうね。でも、もし東野氏が世に氾濫するミステリー小説に対するアンチテーゼとして、こうした謎解きの部分以外の要素を削ぎ落とした小説を書いたのだとしたら、それは凄いことだと思いますが・・・・・。
2007年11月15日 10:36
青白きインテリさん>
 いえいえ、他人のネタをパクらないと話の展開ができない人なので(爆)、こちらこそありがとうございます。
 ガリレオシリーズは、そもそも「世間において、あまり一般的ではない科学技術を駆使したトリックは使用しない」という暗黙の了解を意図的に破っているシリーズで、他の一般的なトリックを使った犯罪を扱った小説でも東野圭吾氏はトリック以外の部分に重点を置いた小説を書いています(代表的なのが「宿命」かな?)。
 その意図が青白きインテリさんが察した「世に氾濫するミステリー小説に対するアンチテーゼ」であることは本人も認めています。
 だから氏の小説は人気があるんですね。

この記事へのトラックバック

  • ガリレオのあらすじ 第5話「絞殺る」 2007.11.12OA

    Excerpt: 湯川(福山雅治)の元を訪れた薫(柴咲コウ)は、ゼミの学生・紗江子(葵)が湯川に迫っていると勘違いする。薫は、紗江子に対して冷たい態度をとった湯川を「卑怯者」と非難した。だが、実は紗江子は、アーチェリー.. Weblog: ガリレオ情報局。嘘を突く 謎を解く。 racked: 2007-11-15 02:30
  • フジテレビ「ガリレオ」第5話:絞殺る(しめる)

    Excerpt: 回が進むにつれて、湯川はどんどん饒舌に、内海がどんどんコミカルに……。事件の重さとのギャップを、秋穗の設定が、うまくバランスを取っていたように感じます。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2007-11-15 07:17
  • フジテレビ「ガリレオ」第5話:絞殺る(しめる)

    Excerpt: 回が進むにつれて、湯川はどんどん饒舌に、内海がどんどんコミカルに……。事件の重さとのギャップを、秋穗の設定が、うまくバランスを取っていたように感じます。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2007-11-15 07:20
  • ガリレオ 第5話

    Excerpt: 湯川@福山雅治がベッドで瞑想に入ったとき、 Weblog: エリのささやき racked: 2007-11-15 07:40
  • 「ガリレオ」 第5話

    Excerpt: このドラマを観て、原作者の東野圭吾についてぼんやりと思うところがあったのだが、今回の話を観て、それがはっきりと分かった。 この作家の作風なのかも知れないが、少なくともこのガリレオシリーズにおいて.. Weblog: 青白きインテリ racked: 2007-11-15 10:13
  • 「ガリレオ」第五回

    Excerpt:  今回、湯川(福山雅治)が解明するのは殺人現場で発生した火の玉現象・・  頼りん坊の薫(柴咲コウ)が湯川の研究室を訪ねると 「好きなんです!先生!」(妙にアニメ声)と湯川に迫っている女子学生の.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2007-11-15 11:50
  • ガリレオ (大後寿々花さん)

    Excerpt: ◆大後寿々花さん(のつもり) 大後寿々花さんは、毎週月曜よる9時フジテレビ系列にて放送されている連続ドラマ『ガリレオ』の第5話に矢島秋穗役でゲスト出演しました。 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2007-11-15 12:32
  • 『ガリレオ』 第五章 締殺る(しめる)

    Excerpt: ホテルで見つかった、男性の死体。 Weblog: ド素人日記 racked: 2007-11-15 13:19
  • 「ガリレオ第5話」

    Excerpt: 今回は、火の玉のお話でした。 結果は、とても悲しい結末でした。 Weblog: みょうがの芯 racked: 2007-11-15 16:56
  • ガリレオ~第5話・密室早とちり事件!

    Excerpt: ガリレオですが、長野県のペンションで少女(大後寿々花)が火の玉を見ます。父親の工房を窓から見るのですが、それを母親(水野美紀)に伝えます。最初二人が親子かどうかも分かりませんが、少女は自分の父親を「あ.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2007-11-15 17:24
  • ガリレオ 第5話 「「絞殺る(しめる)火の玉の謎と完全なる密室殺人」

    Excerpt: 火の玉を見たと言う秋穂(大後寿々花)。夜中に目が覚めたら工房に電気が点いていて、覗いていたら父親の矢島(岡本光太郎)がいる部屋で飛んでいたそうだ。 Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2007-11-15 17:48
  • 「ガリレオ」第5話

    Excerpt: 第五章「絞殺る(しめる)」 視聴率22.9% Weblog: またり、すばるくん。 racked: 2007-11-15 20:36
  • 「ガリレオ」第5話『絞殺る(しめる)』

    Excerpt: その夜、少女が離れの父の工房で見たのは 父のある決意を示す火の玉だった。 第5話『絞殺る(しめる)』 Weblog: 三毛猫《sannkeneko》の飼い主の日常 ~ドラマ編(仮) racked: 2007-11-15 21:00
  • ・フジ「ガリレオ」第5話

    Excerpt: 2007年11月12日(月)21時から、フジテレビで、「ガリレオ」第5話(「絞殺る(しめる)火の玉の謎と完全なる密室殺人」)が、放送されました。 私は久しぶりに見ましたよ、水野美紀さん!! ◇.. Weblog: たまちゃんのドラマページ racked: 2007-11-15 22:06
  • 《ガリレオ》★05

    Excerpt: 薫が捜査協力をしてもらいに湯川の教室へ行くと、女子学生が「すきなんです!」と叫んでいた。早とちりから、湯川を「卑怯だ!」と言ってしまった薫は、また湯川の口撃にあってしまった Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2007-11-16 02:08
  • ましゃは【のっち】がお好み(ガリレオ#5)

    Excerpt: 『ガリレオ』  「ガリレオ研究室」「好きなんです、先生!大好きなのずっと一緒に居たいの!」湯川学@福山雅治に谷口紗江子@葵が告白していたと勘違いし嫉妬する内海薫@柴咲コウ(爆)「だって先生と付き合って.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2007-11-17 19:14