のだめカンタービレLast Lesson “Bravo――!!”

 随分と潔い終わり方でした。最近のドラマの傾向でエピローグなんかがありそうだけど。考えてみれば大川のシーンまでが本編で、オケのシーンは全部エピローグ(&視聴者サービス)と言えなくもないか?
画像

 最終回はタイトルロールやエンドロールはメリークリスマスの文字やサンタ服を着たマングースなど、なかなか洒落て楽しませてくれました。また、最終話とか最終回ではなく“Last Lesson”というのもお洒落でした。

 さて、本編。今回は日本での生活にけじめをつけるために奔走する千秋が中心。千秋@玉木くん、白目とウルウルしっぱなしの熱演でしたっ!!(爆)

 …でも、個人的には「やっぱり上野樹里はシュゴイシュゴイ!」と(笑)

 コンクルの夢破れて実家に戻ったのだめ、ずっとピアノに触れなかったのに堤防で風に当たっているうちに自然と口から“シュベルト”のメロディが...。

 シューベルトのイメージは9話の「緑の草原」よりこちらの「川の水面」みたいな方が絶対合ってマスよ。

 そして家に戻るとピアノを弾き始める。弾き終えて祖母から拍手を貰ったときの顔がとても満ちたりて穏やか。祖母との会話もとてもいい雰囲気(^^)

 悔しい思い出が消えて楽しい思い出だけが残ったのか、完全復活を印象付けてます。ってか、立ち直り早っ!(笑)

 原作未読なので、のだめは千秋の助言で立ち直るのかと思っていたけれど、自力で立ち直ったんだ。強い子です(笑)。

 立ち直ったらトントン拍子なのだめ。江藤先生からのメールの山、‐ちーずさんのサイトに全タイトルがあります‐まるで真澄ちゃんから千秋への留守電みたいだ(笑)

 江藤先生のメアド・・・ハリセンとして恐れられていた教師がこんなメアドでいいんかい?(笑)

 一方で峰の粋な機転にまんまと乗せられて大川へ向かった千秋(笑)。ネットで大川の地図くらい確認してから行けよ(爆)

 峰くん、完全にイイ男モード。ただ普通のイイ男と違うのは三木清良という美しい恋人がいること?
 瑛太くん、美味しい役過ぎないか?

 博多駅から西鉄に乗らず、延々とタクシーで大川へ向かう千秋。どう説得しようかと悩んでいると既に立ち直ったのだめから電話。

 のだめと千秋の電話での会話で、のだめの留学先として出てくるコンセルヴァトワール(conservatoire)はパリ国立高等音楽・舞踊学校(通称:パリ音楽院)という実在する教育機関です。ちなみにサントラ担当の服部 隆之氏もこの学校の卒業生。

 パリ音楽院と言えば、埋もれた才能を発掘しようとする桃が丘音大とは正反対の真にエリートだけを育成する機関ですね。のだめ、大丈夫なんでしょうか?(汗

 千秋について行きたくて頑張っていたのに、違う国であっても留学を決意した、のだめ。スゲー強いコだ!!

 そして河川敷での抱擁。ここでの上野樹里ちゃんの表情が素晴らしいです。カメラを正面に据えての長回しで、驚き‐戸惑い‐喜びと幸福感への感情の移り変わりを見事に表現しています。

 千秋はもっと胸のあたりで抱きとめるのかと思ったら顔密着。樹里ちゃんの背が高かったから?(笑)

 で、このシーン、普通なら感動的なんだけど(もちろん実際良いシーンなんだけど)、どうしても気になったことがひとつ。

 あんなに顔密着して、のだめの髪は臭くなかったのか?>千秋(爆)

 その後、のだめ父登場から千秋白目の瞬間的な場面転換にもの凄いギャップが(爆)。完全にイケメンが台無しですな。

 それにしても、よくあんな綺麗な夕焼けの中で撮影できましたね。のだめに追いついた千秋に神様が祝福してくださったんでしょうか?(笑)
 翌日の干潟のシーンもとても長閑で穏やかで良い雰囲気。撮影が押していたという話を聞いていただけに、真冬にトンボ帰りのロケ敢行でこれだけの風景の中で撮影できたのは奇跡に近いのでは?

 千秋を迎えての野田家での大騒ぎも大爆笑。のだめの「老後の蓄え出してください」に「海苔の機械が爆発して」とキレまくる母@宮崎美子さん、パワフル過ぎ(笑)
 ミノルタのCMに起用され、ビジュアル系グラビアアイドルにして九州大学現役の才媛と評判だった面影、まったくなし(爆)。
 この人、若者向け男性誌“GORO”の看板グラビア「篠山紀信の激写」を飾った超人気アイドルだったんだけどな。

 そしてのだめ父のツッコミに焦りまくってどんどん墓穴を掘る千秋とどんどん盛り上がる家族、本当に嬉しそうなのだめ(笑)。これが「方言隠しの敬語(真澄ちゃん談)」を使わないのだめなのか!!

 一人っ子で子供の時に親が離婚し、ほとんど家族を知らない千秋が、のだめを育んだ3世代家族の中に!!もの凄いカルチャー・ショックだったに違いない!
 でも、翌日「家の酒を全部呑んだ」というエピソードが語られ、千秋がその夜とことん家族と付き合ったことがわかる。きっと家族の暖かさを初めて知ったんじゃないかな?

 コタツは体験済みだったけどね(笑)

 大川のシーンで個人的にツボだったのは、翌朝のだめから大川へ来た理由を問い詰められ、「ふ、福岡ダイエーホークスの応援に」と応えた千秋が「むきゅ!!ソフトバンクですよ!それにもう試合なんてやってませんよ!」と返されたシーン。

 原作で「福岡ダイエーホークス」というシーンがあると聞いて、まさかそこまではやらないだろうと思ったら、それを原作どおりに言わせた上に、のだめのダメ出し付き!

 息子と二人で大喜びデシタよ(爆)

 干潟でののだめ父@岩松了さんと千秋との会話も良い雰囲気。千秋に明かされるのだめのトラウマ。千秋はのだめの力でトラウマを克服したのに、のだめは自力でトラウマを克服しようとしている。本当に強いコじゃ!

 でもって、結局千秋って男に抱きつかれる運命にあるのね(笑)

 その後は(なぜか)のだめ宅に戻って今度はモード・サロン・ヨーコの採寸攻撃!宮崎美子さん、完全に玉木宏くんに馬乗り状態! 有り得ないって(爆)

 そして、時間的経過がほとんど示されずに、なんだか突然に千秋とのだめがサントリーホールに出現。撮影も編集もかなり押していたことが如実に現れていたようで?ちょっと唐突。

 ここで“ドラマでは見納め”とばかりにのだめが変態ぶりを炸裂。オケの集合写真なのに千秋先輩だけをアップで撮影。だいたいのだめにカメラを任せた奴が悪い(笑)
 でも、このところのコンクル編では“真面目な変態ぶり”を発揮していただけにすっかりもとの変態に戻ったのだめちゃんは楽しかったデスよ。

 リハーサルでの清良のヴァイオリン独奏がそのまま本番に繋がるのは、のだめのコンクル一次予選と同じ演出。水川あさみさん、迫真の演技!
 弾き終えた時の「出来たっ!」って表情とその後の観客にみせた笑顔がとても良かった。なんだか演技を超えて喜んでいるように見えた!

 休憩時間、群像ドラマお約束の「メインキャラが一言」シーンはまぁ、しょうがないか。峰のシーンはきっと台詞間違ったのを雰囲気が良いからとそのまま使ったんでは?
 それから、控え室の裏で一人離れて感動の涙する大河内くんに萌え(爆)。遠藤雄弥くん、最後まで良い味出してくれました。

 演奏前の理事長とシュトレーゼマンの会話はこのドラマの根底に流れているもの(あるいはポリシー)を総括した会話ですね。
 どんなに実力があってもチャンス(出会い)がなければ観客の前で演奏できるとは限らないし、演奏家として成功するとも音楽を続けられるとも限らない。だから舞台に立つ若者達は喜びに溢れ、最後の一音まで無駄なく、今出来る最高の音楽を奏でている!
というところでしょうか?(意訳)

 最後の演奏シーン、千秋@玉木宏くんは本当に指揮する姿がサマになりましたねー。シュテキシュテキー(笑)
 ブラ1の指揮も良かったけど、今回はさらに見事。カルメン幻想曲の指揮ぶりからも決して演技が一本調子でないことがわかりました。練習の賜物でしょうか。ブラボーでした。

 のだめは何処に座っているのかと思ったら、なんと千秋の正面。さすがはサントリーホール。こういう演出ができるのは日本ではココだけ?

 今回はベト7第1楽章の主旋律が出てくるまで、たっぷりと見せてくれました。「どーせアフレコなのに演奏シーンを延々と…」という意見も見受けられたけど、だからこその「演技」だと思うぞ。彼らは演奏家ではなく役者なのだから。
 実際に演奏している人が見ても違和感がないくらいまで練習を重ねた成果デスよ。

 逆に「素人がここまで演奏できるようになりました」的な学芸会的演奏の披露で感動を誘う方がプロらしくない気がする(と言いつつ、「スゥイングガールズ」にもはまったけれど...)

 のだめ@上野樹里ちゃんも今回は自宅での演奏シーンだけでしたが、前回のコンクールシーンを見返すと、上から撮影しているシーンで樹里ちゃんの演奏する手元がはっきり見えるシーンも。千秋の演奏シーンでは巧妙に手元を隠していたけれど、のだめの演奏シーンはその必要もないほど練習したということ。二の腕の筋肉が割れるほど練習した樹里ちゃんに役者魂を見た思いデス。

 普通の演技とは違う演技力を求められるこのドラマで妥協を許さずに取り組んだ俳優さんたちに拍手デスよ。

 それだけに音源がどうも第4話と同じっぽいのは残念。伊達さんが指摘されていますが、私もまったく同感。4話ではクラリネットのミスがSオケらしくて良かったけれど、R☆Sオケはきちんとした音源を使って欲しかった。

 演奏終了後、のだめが「ブラボー!」というのかと思ったらデスラー総統伊武雅刀さんが(笑)。あれ?っと思ったら最後の最後にのだめの「ブラボー!」。なるほど、それは大アリ!!

 拍手に答える役者さんたち、良い顔してましたね。意外だったのは、前回が初登場だった高橋紀之@木村了くんが凄く良い顔していたこと。こんな顔できるなら別の役でもっと早く出してあげても良かったのに(笑)

 そして最後の樹里ちゃん、学園祭やR☆Sオケ初演では複雑な思いを胸に演奏を聴くという役でしたが、今回は心から楽しんで演奏を聴いたという感じが良く出ていました。ラストを飾るに相応しい笑顔で締めてくれました。

・・・と思ったら大川ツーショットが最後でしたね^^;。いやいや、これはこれで二人とも良い顔してます。あんまり良い顔なので、急遽最後に挟んだのかもという気がしないでもない。

 さて、このドラマ、終わってみると「本当の主人公はクラシック音楽かな?」という気がしました。如何に音楽を美しく、楽しく、ロマンティックに、切なく、色っぽく聴かせるかを、千秋とのだめという二人の案内役を通して魅せてくれた気がします。

 というわけで、久しぶりに毎週次回が楽しみになるドラマを観ることができました(笑) 次回が待ち遠しいほどハマッたドラマは「踊る大捜査線(TVシリーズ)」以来かも?

 あのドラマも、実は全11話中で視聴率が20%を超えたのは最終回だけなんですね。そして個人的に一番感動したのは第10話(真下が撃たれた後の警官達のドラマは“警察モノ”の中でも最高だと思っています)。奇しくも(ドラマとしては)10話の後半が一番素晴らしかった「のだめカンタービレ」と一致しています。

 個人的には「のだめカンタービレ」を「踊る~」のようにスペシャル‐映画‐スピンアウトみたいな流れへ持っていって欲しいとは思わないけれど(結局「踊る~」は質の良いドラマから商業主義に変わってしまって、未だTVシリーズを超えられてないんですよね)、このドラマもずっと語り続けられるドラマになって欲しいですね。

 このドラマの製作にかかわったすべての方に「ブラボー!」を贈りたいと思います。

人気blogランキングへ

のだめカンタービレ (出演 上野樹里、玉木宏)
のだめカンタービレ DVD-BOX (6枚組)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年12月28日 00:56
初めまして。
こちらの記事を読んでいて、Last Lessonだと言うことに気が付きました。
取り急ぎ自分の方、訂正いたしました。
「本当の主人公はクラシック音楽かな?」
と言う言葉に頷いてしまいました。
だから今までのドラマとはどこか違う感じがしたんですよね。
ドラマ、と言ってしまっていいものなのか、と言う感じもしていました。

こんな風に人と人とが関わりあって、成長していく話はとても好きです。
私も最後にブラボー!!と声を掛けたくなりました。
2006年12月28日 09:38
素敵なドラマだったんデスね…DVDを待ちます(悔)
確かに「発表の場」が有って、聴衆が居てこその音楽…と思います♪
個人的に…博多~大川までタクシーって…(゚△゚;)
ホークスネタは多分全国の鷹のぼせが☆ニヤ(・∀・)ニヤしてたでしょ(*´艸`)プ
それと…「踊る」も大好きデス♪こちらは全て(TV,映画,スピンオフ)観てます~(^-^)/~☆
2006年12月28日 09:54
さくらこさん>
 初めましてぢゃないですよ?(T_T)
 マンガがベストセラーとは言え、家庭のお茶の間で話題になることがないクラシックを扱った異色なドラマを月9で、恋愛シーンもほとんどなしで、さらには“視聴率俳優”なしでココまで成功させたのは快挙と言えると思います。
 新しいドラマの形が出来たのかも知れませんね!
2006年12月28日 09:59
ぶん♪さん>
 うちの娘もピアノ弾いてますが、年1回発表会があって、みんなに拍手もらって「また頑張ろう」と思うみたいですよ。
 博多から大川までタクシー、千秋様は金持ちですから。北海道でのカニ大人買いに比べれば可愛いもんです(爆)
 「踊る」はやっぱり10話後半の土砂降りの中道路に這い蹲る警官たちの描写が最高に秀逸で、警官ドラマであれ以上の感動を覚えたことはありません。スピンオフは“丈ちゃん”を独立した連ドラにして欲しい以外は?かも(^^;
2006年12月28日 10:45
TB、コメントありがとうございました。
「踊る~」の第10話、覚えてますよ~、いいですよね。スローモーションだから、なおさら警官達の表情、感情が迫ってくるシーンでした。確か、すみれさんが取り乱す同僚を張り飛ばすシーンがあったような・・・・。あれも感動です。

冬の曇り空、灰色の川面とシューベルトの口笛、やっぱりイイですよね!
2006年12月28日 11:03
コメントおよびTBありがとうございます。

ヨーコは宮崎美子さんだったんですね。
気づきませんでした(苦笑)。はまり役過ぎでw
野田家は原作どおりのはちゃめちゃな家族で、思いっきり笑わせてもらいました。ちなみに馬乗りにされて採寸されたのは「千秋が酔いつぶれて非力状態だった」と原作で書いてあります。。。
自分も原作を知っているのにこんなに次回が待ち遠しいドラマは久しぶりな気がします。とはいっても「富豪刑事」(デラックスはちょっと・・・)以来なんですけど。原作のテイストを壊さずにドラマを作り上げた出演者ならびにスタッフに敬意を表したいですね。
2006年12月28日 11:15
s-onishiさん>
 「踊る」、9話まで警官をサラリーマンの如く語っておいて10話のあれは反則だろー!って思いました^^;
 そして、いつもやる気がないすみれさんがいざとなったら凄く凛々しいんですよね。最終回がただのエピローグに見えてしまいましたよ。

 シュベルト、やはり貧乏嘗め尽くしてますから(笑)
…って、早くロケが出来ていて、9話でイメージで使って11話で実際に見せられたら最高だったのにと思います。
 でも、あのシーンが曇りで、抱擁は夕焼け、干潟は晴れと天気の神様が奮発してくれましたね!(ロケ当日九州は全般的に曇りか雨だったらしいです)
2006年12月28日 11:22
カミュさん>
 普段あまりドラマ見ないんですよ。特にプロ野球シーズンは。
今年前半は「神サイ」も良かったし、昨年末の「野ブタ」や古くは「Dr.コトー」の第一シリーズも良かったけれど、のだめ程にははまりませんでした。
 原作知らなくても十二分に楽しめましたよ。後は娘がお年玉で原作買うか、私が我慢できずにアマゾンで大人買いするか・・・ですね(爆)
さくらこ
2006年12月28日 17:59
そうなんです。
初めてじゃないですよね。
コメントしてから、「あ~」と、気が付きました。
さとしさんを泣かせちゃった。
すみません><!

私の方でのお返事、もう少し後になりますが、今日中にはしますね~。
オリヒロ
2006年12月28日 18:52
僕のマイミクさん達の間でも話題騒然です。
さっそく原作を大人買いした人も…
漫画喫茶にでも行ってみようかなー。
2006年12月28日 19:44
今晩は、TBサンキュー、表示のタイトルで自作DVDは完成、非常にきれいに出来上がりました、しかし、連ドラ好きの家内も「のだめカンタービレ」はフジテレビらしい、いやらしい最終回と酷評でした・・・。
ブースカ
2006年12月28日 23:59
おわっちゃった~~~~。
来春にSPかなにかないでしょうか~~。のだめちゃんのコンクールの結果が気になります。あと私も髪の毛臭くないんか?と思いました。帰宅していた長男も一緒に見ていたのですが「博多から大川までタクシーー???ありえねぇぇー」「ドラマや!ドラマ!金持ちや!」などと笑いながら見てました。ホークスネタ出ましたね!!嬉しかったです。

そしてあの夕暮れのシーン…白目までのくだりがとっても素敵でした。
2006年12月29日 00:55
さくらこさん>
お気遣いありがとうございますぅ~(T^T)
号泣ですぅ~(うそうそ
2006年12月29日 00:58
オリヒロさん>
 「面白いと思ってる人は原作を読んだ人だけ」なんて言ってるTBS関係者(違)がいるようですが、読んでなくても十分楽しめたし、ぜひ一度読みたいと思わせるドラマでした。
 中学生の娘がいるおっさんな私はマンガ喫茶は無理だぁ^^;
2006年12月29日 01:03
ウルトラセブンさん>
 フジテレビの公式サイトのトップページのソースを読めばトップで使っている画像を保存する方法がわかったりします(笑)
 最終回いやらしくはないと思うんですけどね。抱きついただけでキスしてないし(違)、「他のブロガーさんが知人のNHKの中の人も絶賛」と書いてあったし。
 あ、でも涙腺ゆるすぎか?
2006年12月29日 01:13
ブースカさん>
来春SP放映が決まったという噂もあるようですよ。
しかし、博多から大川へタクシーで行くなら高速で八女I.C.を降りた方が速いんじゃないのって思うのは私だけ?
どーせ、金持ちなんだし(笑)

夕暮れのシーン、樹里ちゃんの神演技に続く玉木くんの白目、これぞ月9の王道ですよね(勘違
2006年12月31日 22:37
さとしさん、こんばんは。
楽しい楽しいドラマでした!
今原作を読み始めて、また最初からこのドラマを
見てみたいな~と思っています。
うちのブログで九州の方言講座、ありがとうございました!
また来年もどうぞよろしくお願いいたします。
2007年01月01日 12:57
きょうさとし(うっちー)の、シーンは視聴♪
2007年01月08日 11:40
きょうさとし(うっちー)で、本編サービスしないです。

この記事へのトラックバック

  • のだめカンタービレ 最終話 「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」

    Excerpt: ピアノコンクールで優勝出来なかったのだめ(上野樹里)はショクを受け福岡県大川市にある実家に戻っていた。2年振りに帰って来た娘を大歓迎する一家。しかし戻ってから一度もピアノに触らず、ゲーム三昧の日々。お.. Weblog: テレビお気楽日記 racked: 2006-12-28 00:41
  • 「のだめカンタービレ」Lesson11&Final

    Excerpt: わ~、何とも潔い終わり方でしたね~。 拍手喝采。 彼らの未来に栄光あれ!! 本当に「楽しい音楽の時間」を過ごす事が出来ました。{/hakushu/}{/kirakira/} コンクールで思うような.. Weblog: つれづれ さくら日和 racked: 2006-12-28 00:41
  • のだめ感動のフィナーレ

    Excerpt: 最後の箇条書き感想です!!(つД`) 長めですぞ~。 ・のだめファミリー初公開! ・そうだね。人間は一人では生きられない。 ・菊池ぃいいいいい。おまえの話術のが凄いわ!! ・幸せの連鎖?!w 真澄.. Weblog: 複製和音 racked: 2006-12-28 00:41
  • のだめカンタービレ 最終話:さよならのだめ!!涙のクリスマス公演

    Excerpt: R{/star/}S、ベト7最高~^(*ノ^ー^)ノ☆パチパチ まさか、またあのパフォーマンスを見れるとはっ!!!{/face_heart/} 泣き笑いで見てしまっただよ~(笑)。 ラストの演奏.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2006-12-28 00:57
  • 「のだめカンタービレ」最終回

    Excerpt: 『さよならのだめ!!涙のクリスマス公演』 Weblog: 気ままにいきましょう! racked: 2006-12-28 01:08
  • のだめカンタービレ Lesson11 さよならのだめ!最後のクリスマス公演

    Excerpt: ピアノソロ のだめカンタービレの世界 (上級編) この日がやって来た。・・・。R☆Sオケのクリスマス公演。千秋が学生指揮者として、タクトを振る最後の日本公演。「さあ、楽しい音楽の時間だ.. Weblog: Yが来るまで待って・・・ racked: 2006-12-28 01:45
  • のだめカンタービレ~最終回・大川ラブストーリー&ベト七!

    Excerpt: のだめカンタービレも最終回を迎えたわけですが、今期一番盛り上がったドラマのような気はします。視聴率はコトーの方が良いようですが、ネットでの関心度は圧倒的にのだめだったりするわけです。前回、のだめ(上野.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2006-12-28 01:52
  • [ドラマ]のだめカンタービレ 最終回

    Excerpt: いやー、いいラストでした。 最後は千秋&のだめの恋愛っぽい事で締めるのかと思っていましたがR★Sオーケストラの演奏で締めました。最初から最後まで「音楽」というテーマで突っ走った感じです。恋愛に重きを.. Weblog: いもせログ racked: 2006-12-28 07:46
  • ドラマ:のだめカンタービレ 最終話

    Excerpt: ぎゃはは! のだめ家族、ナイスキャスティングです~ ウワサ(掲示板)ではヨーコ役が、九州出身の元オリンピックマラソンランナーの現タレントさんとの話があって、ちょっと違うだろうと萎えてたんですけど、.. Weblog: ねこでこ茶屋 racked: 2006-12-28 08:24
  • のだめカンタービレ Last Lesson~さよならのだめ!!涙のクリスマス公演~

    Excerpt: 終わっちゃった。。。なんだろ、この脱力感は(苦笑) このドラマで沢山の人と一緒に楽しんだような気がする♪ 見ている私もオケの一員だったような気がする(笑) 続編ありな?終わり方だったな~ それ.. Weblog: アンナdiary racked: 2006-12-28 08:29
  • 「のだめカンタービレ」の話11

    Excerpt: 「のだめカンタービレ」 ∬official site∬ Last Lesson・「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」(視聴率21.7%、平均視聴率18.79%)福岡県大川市。のだめ(上野樹里)は田.. Weblog: のらさんのうだうだ日和 racked: 2006-12-28 08:34
  • フジテレビ「のだめカンタービレ」第11話(最終回):さよならのだめ!! 涙のクリスマス公演

    Excerpt: 回が進むにつれて、役者さんたちが見違えるほど活き活きとしてきて、もっともっと見続けていたいと感じさせてくれた「楽しい音楽の時間」も、今日で終わりです。 Weblog: 伊達でございます! racked: 2006-12-28 08:48
  • 最後の演奏会

    Excerpt: CDライブラリーより。 毎週楽しく見ていたドラマ『のだめカンタービレ』が、昨夜、爽やかな感動とともに終了してしまいました。なんだか寂しいですね。でも、何事も、始めがあれば終わりがある。それは、ここのブ.. Weblog: orfeo.blog racked: 2006-12-28 09:21
  • のだめ最終回につき

    Excerpt: 前にも書きましたが、TVドラマをずっと追っかけて見るのは今年のドラマでは「富豪刑事(デラックスも)」と「アンフェア」以来です。 今回はものすごいハマりましたねw 以下は全部見終わっての感想を例によって.. Weblog: よしなしごと日記 racked: 2006-12-28 09:30
  • のだめカンタービレ:Lesson11

    Excerpt: 終わったぁぁぁああああああ! 最終回はちょっと恋愛色が濃かったかな。 と思って見ていたが、野田家の人々に翻弄される千秋の姿は今まで通りのコミカルさだったので一安心。 でも今週は白目むきす.. Weblog: 日常の穴 racked: 2006-12-28 09:32
  • 上野樹里と玉木宏と岩佐真悠子と高瀬友規奈と上原美佐と及川光博と豊原功補と西村雅彦と宮崎美子と岩松了と扇風機と瑛太と水川あさみとサエコと小出恵介とのだめとオレ様。

    Excerpt: トレビアン。大川の特上寿司。ミルヒーミーナ。そしてツーショットのストップモーショ Weblog: キッドのブログinココログ racked: 2006-12-28 09:42
  • のだめカンタービレ 最終話 ~上野樹里 正面を見据える~

    Excerpt: のだめも音楽と正面から向き合う覚悟ができました。 Weblog: くつろぎ日記 racked: 2006-12-28 09:59
  • 「のだめカンタービレ」 最終回

    Excerpt: とにかく、最後まで「のだめカンタービレ」を貫いてくれたこのドラマ、本当にブラボー!だった。 今回ほど、フジの月9の威力をまざまざと見せつけられたことはない。最終回1話のためだけに岩松了と宮崎美子.. Weblog: 青白きインテリ racked: 2006-12-28 10:22
  • ドラマ 「のだめカンタービレ」 Last Lesson

    Excerpt: ■良かった。本当に、良かった・・・(涙)素敵なクリスマス・プレゼントでした♪ そ Weblog: 空の「一期一会」 racked: 2006-12-28 11:12
  • 『のだめカンタービレ』第十一話

    Excerpt: ついに最終回。 久々に観た月9ドラマ。 「月9っぽさ」がなかったのが良かったです。 最終回なんで少し放送時間が長かったのね。 たっぷりオーケストラシーンがありました。 ただ、本人達が弾い.. Weblog: 時間の無駄と言わないで racked: 2006-12-28 11:44
  • のだめカンタービレ

    Excerpt: 最終回の感想 Weblog: Akira's VOICE racked: 2006-12-28 12:25
  • のだめカンタービレ Last Lesson

    Excerpt: 今朝はめざましテレビに上野樹里ちゃんと玉木さんが出てましたね! もー、そこからテンション上がってしまって、今日はドラマのことで頭いっぱいでした(笑 そんなわけで、いよいよ、泣いても笑ってもの最終回{.. Weblog: 日々緩々。 racked: 2006-12-28 14:02
  • のだめカンタービレ 最終回

    Excerpt: 本当に、じつに素晴らしい最終回でしたね。 最後まで、とことん大サービス!な、白目むきまくり演技もさることながら、 かつて、ここまで笑いとシリアスが、いい塩梅で共存。それでいて深く胸をうつ、.. Weblog: のほほん便り racked: 2006-12-28 16:33
  • 「のだめカンタービレ」第11話(最終回)

    Excerpt: 後ろからハグ! ゴール決まったぁ~! 大川ロケ、キタ━━━! ヨーコの採寸シーンでかした! そして涙のベト7で幕。 楽しくてちょっと切なくて、 ドラマの「のだめ」らしい素敵な締めくくりだっ.. Weblog: fool's aspirin racked: 2006-12-28 17:39
  • のだめカンタービレ Last Lesson♪ 『さよならのだめ!!涙のクリスマス公演』

    Excerpt: 最高だ……。 舞台は福岡県 大川市。 のだめは本選での失敗のショックから実家に帰って来ていたのでした。 のだめファミリー登場!!!(爆笑×100) 今は書くの止めときます、後々本性.. Weblog: Kのドラマ依存症的ぶろぐ racked: 2006-12-28 17:51
  • のだめカンタービレ☆最終回

    Excerpt: ああぁぁぁぁ~あああ!!!とうとう終わっちゃったよおー!!すげー辛い!!切ない Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2006-12-28 18:12
  • のだめカンタービレ Lesson11(最終回)

    Excerpt: 「のだめカンタービレ」オリジナル・サウンドトラック のだめカンタービレの最終回を見ました。 あっという間でした…。 では感想を。 人との出会いを熱く語るミッチーが.. Weblog: Hysteric Moon racked: 2006-12-28 18:44
  • のだめカンタービレ・最終回(12月25日)

    Excerpt: のだめ、大川に帰郷、のだめのバックに「佐賀海苔」の段ボールが、第一話以来の登場「佐賀海苔」 Weblog: 今日感 racked: 2006-12-28 19:22
  • のだめカンタービレLastLesson

    Excerpt: さよならのだめ!!涙のクリスマス公演:のだめ(上野樹里) Weblog: 日々雑用 racked: 2006-12-28 19:41
  • ・フジ「のだめカンタービレ」第11話(最終回)感想

    Excerpt: 2006年12月25日(月)のお話です。夜21時から、フジテレビで「のだめカンタービレ」が放送されました。(関東ローカルの場合)第11話「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」(21:00~22:09.. Weblog: たまちゃんのドラマページ racked: 2006-12-28 20:21
  • のだめカンタービレ 最終話

    Excerpt: ●キャスト 野田恵/上野樹里 千秋真一/玉木宏 峰龍太郎/瑛太 三木清良/水川あさみ 奥山真澄/小出恵介 多賀谷彩子/上原美佐 江藤耕造/豊原功補 江藤かおり/白石美帆 フランツ・シ.. Weblog: ちょっと変な話 racked: 2006-12-28 21:00
  • のだめカンタービレ 最終話

    Excerpt: 「のだめカンタービレ 最終話」 のだめは、ピアノコンクールで優勝できなかったことにショックを受け、福岡県の実家に戻る。あくる日、千秋は、龍見から電話をもらい、のだめが実家に帰ってしまったことを教えら.. Weblog: □■Honey March■□ racked: 2006-12-28 21:04
  • 『のだめカンタービレ』 最終回 「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」 メモ

    Excerpt: 今期、いい意味で一番期待を裏切ってくれた「のだめ」のラストです。 Weblog: つれづれなる・・・日記? racked: 2006-12-28 22:01
  • 「のだめカンタービレ」最終回

    Excerpt:  はぁ~、 ついに「楽しい音楽の時間」が終ってしまいましたね~  最終回はタイトルもクリスマスバージョン、 マングースもサンタさんのカッコをして、かわいかったです。  さて、コンクルで失敗.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2006-12-28 22:06
  • 「のだめカンタービレ」 最終囘

    Excerpt: 「さよならのだめ!! 涙のクリスマス公演」 この3ヶ月間、素敵な時間をどうもありがたう! Weblog: 仙丈亭日乘 racked: 2006-12-28 23:06
  • のだめカンタービレ・第11話(最終話)

    Excerpt: さてさていよいよ、ドラマ版「のだめ」の最終話レビューな、のだ! Weblog: あずスタ racked: 2006-12-28 23:09
  • のだめカンタービレ Last Lesson

    Excerpt: 最終回・・・泣きのスイッチは「俺様を二度も振ったら絶対ゆるさない」&真澄ちゃんの言葉でした。樹里ちゃん、玉木くんをはじめ、のだめ関係者の皆さん、素敵なクリスマスプレゼントをありがとう!! Weblog: ふろくのぶろぐ。 racked: 2006-12-28 23:39
  • のだめカンタービレ Last Lesson 「さよならのだめ!!涙のクリスマス公演」

    Excerpt: 遂に最終回を迎えました。 地元の福岡県大川市に帰ってしまったのだめ。 千秋は連れ戻して一緒に海外(ヨーロッパ)へ行くことができるのでしょうか? Weblog: 多数に埋もれる日記 racked: 2006-12-28 23:42
  • ビバ!!のだめ最終回♪

    Excerpt: とうとう、今日、のだめの最終回でした。春の『西遊記』に続き、月9らしくない、コメディタッチのノリに、果たして世の中の人たちはどういう評価を下すのか、役者の人たちはのだめワールドをちゃんと表現できるのか.. Weblog: 夜の散歩道 racked: 2006-12-28 23:42
  • 「のだめカンタービレ」最終話 ~せめて、聖誕祭で最高の音楽の時間を~

    Excerpt:  のだめ(上野樹里)は、マラドーナ・ピアノコンクールで優勝できなかったことにショックを受け、福岡県大川市にある実家に戻る。のだめの父・辰男(岩松了)や母・洋子(宮崎美子)たちは、2年ぶりに帰郷した娘を.. Weblog: 混沌と勇気日記。 ~壊れ逝く混沌の世界、汝は見届ける勇気は~ racked: 2006-12-29 03:08
  • ブラボー!ブラボー!ブラボー!(のだめカンタービレ#11最終回)

    Excerpt: 『のだめカンタービレ』昼の時点ではまだ編集が終わっておらず、打ち上げの時にオンエアをみんなで見るという事だったが、ちゃんと間に合って良かったね(爆)のだめパパ・岩松了キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2006-12-29 17:46
  • のだめカンタービレ 最終回

    Excerpt: 「のだめカンタービレ 」の最終回が放送されましたね。このドラマの最終回を見終えた Weblog: 裏 TV RANKING SHOW racked: 2006-12-30 22:52
  • のだめカンタービレ 最終回

    Excerpt: 「のだめカンタービレ 」の最終回が放送されましたね。このドラマの最終回を見終えた Weblog: 裏 TV RANKING SHOW racked: 2006-12-30 22:54
  • のだめカンタービレ Lesson11 最終回

    Excerpt: のだめ…!最終回~~~!!! ぎゃぼーーーーーーーー! 感動。゚・(ノД`)人(´Д`)人(Д` )・゚。 あっという間に終わっちゃった…。のだめ。面白かった! Weblog: なんでもあり~な日記(カープ中心?) racked: 2006-12-31 01:05
  • のだめカンタービレ(最終回)

    Excerpt: のだめ母にはワラタ。 Weblog: イマドコ?いまここ。 racked: 2006-12-31 13:24
  • のだめカンタービレ 最終回

    Excerpt: いやいやなんだかんだ言って、今クール最高の出来ではないでしょうか。 楽しかった~というのが、率直な感想。 最初の評価を低くしてしまったことと、 上野樹里の評価を非常に低くしてしまったことを後悔した。 .. Weblog: ドラマ!テレビ!言いたい放題 racked: 2007-01-05 00:48
  • のだめカンタービレ 告白(・・?

    Excerpt: 前回真一の誘いを断って実家に帰っちゃったのだめ… (つД≦。)°エーン 果たしてのだめはどうなっちゃうのか(・・? のだめカンタービレ最終話! 今までのお話はこんな感じ.. Weblog: zenの日記 racked: 2007-01-05 11:26