快投乱打な雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS VAIO Type PにUbuntuをインストール

<<   作成日時 : 2013/10/13 21:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 前に似たような記事を書いたことがあるけれど、そちらは8GBのUSBメモリにインストールしてデュアルブート。今回はHDDを初期化してインストール。

 発端は、なぜだがVAIOのディスプレイが正常表示できなくなったこと。VAIO Type Pは購入後4年目を迎え、3年の長期保証切れ。さすがはSONY品質!!(苦笑)

 既に持ち歩きはしてないんだけど、静音で省電力なので小さなホームサーバーとして重宝していただけに困った。とりあえず、購入5年目だっけか、変態キーボード仕様のLOOX U50/XVを代わりにホームサーバー化してみたけれど、これはファンが常に全開レベルでウンウン唸って夜眠れないorz

 と言うわけで、未練たらしくVAIO type Pが何とか使えないかと思案。セーフモードで起動すると、ログイン画面の起動直前まではちゃんと表示されるので、ハードがいかれてるわけでもなさそう。試しにUbuntu LinuxをUSBでブートしてみると、初期画面は表示されコンソールを文字が流れるのまでは確認できて、その後ウィンドウマネージャが立ち上がるタイミングでブラックアウト。

 「もしかしたらコンソール起動なら何とかなる?」と思って、KNOPPIXのライブCDみたくコンソールで起動するモードがUbuntuにもないかと調べてみたら、初期画面でF6を押下すると起動オプションが選べることを発見。起動オプションの最後の“splash”を“quit splash”に書き換えてブートしたら無事インストール画面が表示され、インストールできました。しかし、VAIO type Pの横長画面に普通に対応するようになったのね^^;

 インストール後に再起動するときちんとウィンドウマネージャが表示されたので、もしかしたらWindows7がクラッシュしただけなのかも?(汗)
画像

 MediatombとSambaとSSHが使えればOKなんだけど、なんだかウィンドウマネージャーがめちゃ重い。
 そこで、ウィンドウマネージャがXfce版のXubuntuにしてみたら、今度はサクサク動いてくれました。


Ubuntu Server 実践バイブル 現場で即運用に役立つサービス設定のノウハウ
アスキー・メディアワークス
吉田史

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ubuntu Server 実践バイブル 現場で即運用に役立つサービス設定のノウハウ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



Ubuntu Linux 入門キット 12.04対応 (INTRODUCTION KIT SERIES)
秀和システム
水野 源

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Ubuntu Linux 入門キット 12.04対応 (INTRODUCTION KIT SERIES) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



超かんたんUbuntu 100%活用ガイド
技術評論社
佐々木 康之

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 超かんたんUbuntu 100%活用ガイド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
昔、VAIOには苦労させられた。
ソラ
2013/10/18 16:49
コメントありがとうございました。
化石レスで申し訳ありません。
結局、我が家のPちゃんはお亡くなりになりました。さすがはSONY品質(笑)
ソラさん
2014/01/22 23:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
VAIO Type PにUbuntuをインストール 快投乱打な雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる